ホーム > 成人矯正治療とは

当院における成人矯正治療とは

成人矯正治療とは

最近、成人の方で矯正治療を始められる方が増えています。

八重歯がチャームポイントだった時代から、欧米文化の影響で美の価値観も様変わりし、
“子供の頃には、矯正をしたくても出来なかった” 
あるいは、 “大学生、社会人になって、その必要性を感じている” 等、
多くの成人の方が矯正治療に関心を持ち始めていらっしゃいます。

当院では多くの成人の方に、無理なく矯正治療を受けていただく為に、「特別支援制度」を設けております。
また、矯正装置も、「目立たない装置」 「ファッションの一部として楽しむ装置」 「見えない装置」と、
患者様のライフスタイルにあった治療を行っています。

成人式、結婚式など人生の大事な日、せっかくの記念写真に“装置が邪魔では?”
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
当院では、そのような特別な日には、装置をいったんはずして、大切な日を思いっきり楽しんでいただくことが出来ます。
このように、患者様の立場に立った治療も常に心がけております。

成人矯正治療とは

土曜、日曜(月に2回診療)、祝日も診療しておりますので、
お忙しい大学生、社会人の方も、無理なく通院していただく事が可能です。

成人矯正治療とは欧米では、矯正をしている事は決してマイナスのイメージではなく、
その人の文化的意識の高さと受け止められています。多くの成人の方に、成人矯正認定医で もある当院で、
楽しく、そして充実した矯正治療を受けていただきたいと思っております。
まずは、お気軽にご相談にいらして下さい。

矯正治療は、フェイスラインの改善にもなります。

歯列矯正治療でフェイスラインが改善されることご存知ですか?

基本的な咬み合わせの原則はいろいろあり、
綺麗な歯並びがその正しい咬み合わせを作る基本であることには違いはないのですが、忘れてはならない重要な条件があります。
それは、『上下の奥歯の咬み合わせの前後的な位置関係』です。
上下の歯は、一本対一本で咬むと咀嚼作業の能率が悪くなってしまうので、『交互』に咬んでいます。
この上下の奥歯の『2歯対1歯の関係』が、咀嚼作業の能率を向上させるのですが、この能率は、言い換えれば、『無理のない適切な筋肉の働きによる、より効果的な食物の粉砕』を意味しています。

咬み合わせが悪く上下の奥歯が1対1で咬んでいる人は、食物を咬むときに必要以上の筋肉(特に咬筋といって、下あごのいわゆるエラの辺りに付着している筋肉)の仕事を余儀なくされます。
その結果、その周辺の筋肉が必要以上に発達し、いわゆる『エラの張った』状態になることがあります。
このような現象は、特に第II級の上顎前突(上あごの奥歯自体が前に出てしまったケース)や、
水平的な傾向の強い反対咬合の人に多く見られます。

奥歯の位置関係を改善し、正常な咬み合わせを作ることにより、先ほどの咬筋が適切に作業できるようになり、
結果的には、『異常に発達していた筋肉がスリム化』し、フェイスラインの改善につながるのです。
よく矯正治療をした患者様が『フェイスラインが変わったね!』と友達に言われるようになったというお話をしてくださいます。
その秘密のわけがお分かりになりましたか?