すきっ歯の矯正

当院の院長の院長は、矯正装置をつけて治療する期間を約2年間で終了できるように治療のタイミングや矯正方法を独自に工夫しております。

すきっ歯になる原因について

すきっ歯の矯正すきっ歯になる原因としては、顎(アゴ)の大きさに対して歯が小さい、舌癖(ぜつへき)などが原因と考えられます。

治療のタイミング

すきっ歯は、永久歯が生えそろってからでも、歯を動かすスペースががあるので、抜歯になるケースはほとんどありません。ただ、すきっ歯のままでいると、幼児っぽいといわれたり、顔全体のイメージを悪くします。また、発音も空気が漏れる事によって不明瞭になりがちです(舌足らず)。

放置しておくとどうなる?

放置しておくとどうなる?すきっ歯を放置しておくと、子供っぽく見られるなどの見た目の問題があったり、発音問題(舌足らず)になり、きれいな発音ができません。また、前歯で切ったり、奥歯ですりつぶしたりする機能が不十分だと、繊維野菜やお肉などの食べ物が口の中に残ってしまい、それを水で飲み込んでしまいます。その結果、胃腸への負担が継続し、健康への障害の原因となります。

症例の紹介

すきっ歯 非抜歯ケース 16才女性

治療開始日
2011.11.12
治療終了日
2013.11.6(動的治療期間)
開始時年齢
16才10ヶ月
終了時年齢
18才10ヶ月
装置料
50万円(装置50万)
月決処置料
3,000円×25回(装置費用を一括支払)
リテーナー
46,000円
治療の説明

この症例は、前歯にスキ間があり、笑ったりすると見えてしまうので思いっきり笑えないという主訴で治療を開始した症例です。治療終了後は、人前で思いっきり笑えるようになり、食べ物も前歯で切ったりすることがやり易くなったと感想があった症例です。
※すきっ歯症例は、歯と歯の隙間を利用して治療するので非抜歯で行える症例が多いです。

TEL:0422-21-8888