受け口の矯正

受け口になる原因について当院の院長は、矯正装置をつけて治療する期間を約2年間で終了できるように治療のタイミングや矯正方法を独自に工夫しております。

受け口になる原因について

受け口になる原因について受け口になる原因は、顎(アゴ)の発達、舌癖(ぜつへき)等が主な原因です。これらが原因の症例は、なるべく早く治療を検討することが重要です。舌癖が原因となっている方は、矯正治療と並行して舌癖を改善するトレーニングが必要となります。

治療のタイミング

治療のタイミングとしては、

  • 6歳くらい(小学1年生)に奥歯の位置と顎の大きさを検査して、受け口の状態でないか検査します。問題がなければ、このタイミングで治療を開始する必要はありません。歯並びの幅が狭い場合は、拡大等を行う場合があります。
    奥歯の位置や顎の発達の調整が必要な場合は、その治療のみ行います。そうすることで、受け口になる顎の発達を調節でき、永久歯が生えてきた時に矯正治療を行う必要が出てきた場合、抜歯(歯を抜く)の可能性が低くなると同時にバランスのとれた顔つきが得られます。
  • 9歳~11歳(小学4年生~5年生)に口腔内を調べ、矯正治療が必要な場合は、タイミングを見て治療を開始します。この時期は、乳歯と永久歯の混合歯列期になります。治療開始から約2年間で永久歯が生えそろい、矯正治療も終了するように治療計画を立てます。
  • 永久歯が生えそろった後に矯正治療をお考えの方へ(13歳以降)
    口腔内を詳しく検査し、顎と歯の大きさなどから、良い歯並び、良い咬み合せ、口呼吸にならないように歯を移動させる治療ができるか検討し、できるだけ非抜歯で治療計画を考えますが、必要に応じて抜歯も必要となります(参照:院長の診療コンセプト)。
    受け口の場合は、なるべく子供の頃に顎の発達の調整を行っておくと、よりきれいな歯並び・咬み合せになり、顔つきまで改善できます。

治療の説明

当院の矯正治療では、①良い歯並び、②良い咬み合せ、③①と②を長持ちさせるために、口呼吸にならない位置に歯を移動します。そうすることで、前歯の切る機能、奥歯ですりつぶす機能が改善して、良い歯並び・咬み合せ、更に歯自体を長持ちさせることができます。また、見た目(審美的)の問題も解決します。

放置しておくとどうなる?

放置しておくとどうなる?受け口を放置し、前歯で切ったり、奥歯ですりつぶしたりする機能が不十分だと、繊維野菜やお肉などの食べ物が口の中に残ってしまい、それを水で飲み込んでしまいます。その結果、胃腸への負担が継続し、健康への障害の原因となります。
また、発音障害(舌足らず)になり、きれいな発音ができなくなります。

TEL:0422-21-8888