八重歯・叢生(そうせい・デコボコ)の矯正

当院の院長は、矯正装置をつけて治療する期間を約2年間で終了できるように治療のタイミングや矯正方法を独自に工夫しております。

八重歯・叢生になる原因について

八重歯・叢生(そうせい・デコボコ)の矯正八重歯・叢生になる原因は、顎(あご)の大きさに対して歯が大きい、もしくは顎(アゴ)が小さい事が考えられます(顎と歯の大きさのアンバランス)。

治療のタイミング

治療のタイミングとしては、

  • 6歳~8歳の時(小学1年性~2年生)に一度、奥歯の位置をチェックします。
    奥歯の位置に問題がなければ、このタイミングで治療を行う必要はありません。歯並びの幅が狭い場合は、拡大等を行う場合があります。
    上の奥歯が下の奥歯よりも前に来ている場合は、奥歯の調整が必要となり、奥歯の位置を動かす治療のみを約1年間実施します。そうすることで、永久歯が生えてきた時に矯正治療を行う必要が出てきた場合、抜歯(歯を抜く)の可能性が低くなります。
  • 9歳~11歳(小学4年生~5年生)に口腔内を調べ、矯正治療が必要な場合は、タイミングを見て治療を開始します。この時期は、乳歯と永久歯の混合歯列期になります。治療開始から約2年間で永久歯が生えそろい、矯正治療も終了するように治療計画を立てます。
  • 永久歯が生えそろった後に矯正治療をお考えの方へ(13歳以降)
    口腔内を詳しく検査し、顎と歯の大きさなどから、良い歯並び、良い咬み合せ、口呼吸にならないように歯を移動させる治療ができるか検討し、できるだけ非抜歯で治療計画を考えますが、必要に応じて抜歯も必要となります(参照:院長の診療コンセプト)。

放置しておくとどうなる?

放置しておくとどうなる?八重歯・叢生を放置していると、歯磨きが行いにくく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
また、口呼吸となっている場合は、口内が乾燥しやすく歯周病や歯槽膿漏の原因となります。歯がデコボコしたままだと、前歯で切ったり、奥歯ですりつぶしたりする機能が不十分で、繊維野菜やお肉などの食べ物が口の中に残ってしまい、それを水で飲み込んでしまいます。その結果、胃腸への負担が継続し、健康への障害の原因となります。

症例の紹介

叢生 非抜歯ケース 34才女性

治療開始日
2012.6.24
治療終了日
2014.6.8(動的治療期間)
開始時年齢
34才11ヶ月
終了時年齢
36才11ヶ月
装置料
62万円(装置50万円、年齢差8万円、3Dリンガルアプライアンス4万)
月決処置料
3,000円×22回(装置費用を一括支払)
リテーナー
56,000円(透明なリテーナー)
治療の説明

歯を抜かずに必要なだけ歯並びの幅を拡大することにより、前歯を綺麗に並べるための空隙を獲得し、美しい歯並びになりました。このケースでは、側方への左右3mmずつの拡大で十分だったので、前歯の前方への拡大を最小限に抑えることが出来、前方拡大によって口元が出っ張ってしまい口呼吸になったりする事なく、治療を終了することが出来ました。

治療することで、前歯で食物を切るという機能性の向上と審美的な改善ができた症例です。

叢生 抜歯ケース 17才女性

治療開始日
2010.3.31
治療終了日
2012.11.16(動的治療期間)
開始時年齢
17才4ヶ月
終了時年齢
20才0ヶ月
装置料
50万円(装置50万円)
月決処置料
3,000円×27回(装置費用を一括支払)
リテーナー
46,000円
治療の説明

前歯がデコボコしていることで、歯ブラシがしづらいため、歯垢や歯石が残りやすく、歯周病の原因にもなってしまいます。また、咬み合せが悪いため、前歯でお肉などを噛み切るのが難しく、咀嚼能率が低くなります。また、前歯の前突が原因で唇がいつも開いてしまい、普段から口呼吸になってしまい口腔内が乾くことで歯周病の原因にもなってしまいます。

治療をすることで、審美的な改善はもちろんのこと、前歯で切ったりすることが出来るようになり、咀嚼能率が向上し、また歯ブラシも容易になり、口腔内の衛生状態が確実にアップした症例です。

TEL:0422-21-8888